〜Cucina regionale italiana: Basilicata〜


 

・Cialledda[チャレッダ]
一度に塩分と野菜のミネラルが補給されて栄養的にも優れた食べ物なプーリア州 、バジリカータ州などの南イタリアの伝統料理。

Acqua sale[アクア・サーレ]
「塩水」という意味の料理。
パンがやわらかくなるまで塩水に浸してよく絞る。
またの名をCialledda[チャレッダ]。

7月のイタリアの夏真っ盛りの時期の過酷な労働の前に食べられていた貧しい料理の1つ。
古くは小麦などを収穫する農家の日雇い労働者たちの朝食と呼ばれていました。

INGREDIENTI
PANE RAFFERMO 500 gr 
POMODORO 250gr
CIPOLLA ROSSA 100 gr
CAROSELLI (O CETRIOLI) 150 gr
OLIO EXTRAVERGINE D’OLIVA q.b. 
SALE MARINO q.b. 
ORIGANO q.b.

現代では夏の暑い日や海に行った日のお昼に
食べられます。
古くはパンをたっぷり加えてそこで一日の労働のエネルギーを補充していました。
野菜と共に適度な塩分とミネラルを取っているまさにこれから始まる夏にピッタリな一皿。


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ
クーポンページはコチラ

PC表示SP表示

お問い合わせ