Cucina molisana


 

〜Ricette della Cucina molisana〜

・Agnello al garofano alla molisana[アニェッロ アル ガロファノ アッラ モリザーナ]

料理名にあるgarofanoはchiodo di garofano キオド ディ ガロファノのこと。
キオド ディ ガロファノとはクローブ。
クローブの花蕾は釘に似た形をしていて、日本では漢名に従って「丁子」と呼ばれている。強い香気を持った香辛料です。
ちなみにgarofano[ガロファノ]だけで翻訳するとイタリア語でカーネーションという意味になります。

本日の賄いは仔羊のトマト煮込み。
羊はコロコロにカットして焼きました。そのあと煮込むのですが、玉ねぎにクローブを刺したものとトマトをいれて煮込みます。

Ingredienti
POLPA DI AGNELLO 1,3 kg 
CHIODI DI GAROFANO 4 
BURRO 40 gr 
CIPOLLE 1 
POMODORI maturi – 250 gr 
ALLORO 2 foglie 
BRODO DI CARNE 1 bicchiere 
PANINI raffermi – 2 
OLIO EXTRAVERGINE D’OLIVA (EVO) 4 cucchiai da tavola 
SALE q.b. 
PEPE NERO q.b.

羊の群れを導くトラットゥーリが多いモリーゼ州。羊料理もよく食べられます。

モリーゼ州にたくさんいる羊はヤギとともに“最古の家畜動物”と言われるほど、人間とのかかわりが古く、深い。そのため、多くの文化や宗教、占星術などと結び付けられています。

例えば中国神話では、羊は人類に五穀の種をもたらした偉大な神として描かれている。
人類はその五穀の種をまき、その年には農作物が育つとの神話。

十二支のひとつでもある羊。
十二支の中で8番目に通常数えられます。
群れをなす羊は、「家族の安泰を示し平和に暮らす」ことを意味しています。

人間とのかかわりが古く深い羊の伝統あるモリーゼ州の郷土料理アニェッロ アル ガロファノ アッラ モリザーナをご用意致しました。


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ
クーポンページはコチラ

PC表示SP表示

お問い合わせ