日本予選・最終選考会が開催されました





パスタ界のワールドカップ「パスタ・ワールド・チャンピオンシップ(PWC) 2019」の日本予選・最終選考会が開催されました

私は、2018年のミラノ大会での経験を踏まえて審査員を務めさせていただきました

世界大会のコンテストで勝つとはどういうことなのか

何が必要なのか

思想や哲学、世界観や技術力そしてエンタメ力

等々ずっと追い求めてまいりました

味覚は人それぞれであるから【美味しいが大事ではない】、【自身がなんであるか】

昨年大会において審査員の方々のが 多くが口にしていた言葉

食に対する世界の価値観はある一定の共通な基準に達していることがわかる

日本国内予選の突破には、イタリア的な根源や、人を惹きつける”魅せる力”が問われたように思える

厳しい国内予選を勝ち抜いた3人の料理人を目の前で一人ずつじっくりと評価させていただくスタイル

パリでの本線では、昨年と同じように世界中のメディアの方々からの質問や、審査員の抜き打ちの味見等があり、臨機応変に答えられる【人としての器】も当然必要となってくる

本番での【対応力】を踏まえた審査ができるスタイルであった

私は主に【サステナビリティの先】や【自身がなんであるか】と言った味わい以外の質問をさせていただいた

昨年の優勝を果たしたアメリカ代表からは、その問いの答えを作品からビシバシ伝わってきたからである

今大会でのテーマである「BELLO (beauty), BUONO (tasty) e FA BENE
(goodness) – Surrounded by Beauty(美しさに包まれて)」に対してのこの辺りの表現力が勝敗を決めるのではないかと私は考えている

日本代表シェフには神奈川県の
「SALONE 2007」の料理長を務める弓削 啓太(ゆげ けいた)さんに決定した

10月の本戦までは時間がある

多くを共有し、弓削シェフにしか出せない弓削シェフの一皿を作り上げる事に協力したい

初代優勝者、山田さん以来の優勝を今年こそ日本に

日本予選ファイナリスト
IL TEATRINO DA SALONEの山口 智也さん
erreの長屋 恭平さん

昨年大会の熱い内容

The Cuisine Press 
Web 料理通信 
2018年「パスタ・ワールドチャンピオンシップ」に見るパスタの未来形
http://r-tsushin.com/feature/movement/barilla_pwc2018.html

#バリラジャパン
#pwc
#たゆたえども沈まず
#ilestbattuparlesflotsmaisnesombrepas
#パスタワールドチャンピオンシップ #PastaWorldChampionship
#マスターズオブパスタ
#バリラ
#Barilla 
#MastersOfPasta
#italy
#italia
#パスタ
#pasta
#パスタの今後
#イタリア料理の今後
#PastaWorldChampionship
#
#barilla
#バリラ
#三軒茶屋
#イタリアン
#ペペロッソ
#イタリア
#パスタ
#パスタ料理
#パスタ大会
#SALONE2007
#弓削啓太

@barilla
http://barilla.co.jp/pdf/bpwc2019_001.pdf


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ
クーポンページはコチラ

PC表示SP表示

お問い合わせ