かつては貧しい料理であったトリッパ


La trippa alla romana è un piatto molto antico della tradizionale cucina povera.
かつては貧しい料理であったトリッパ
正肉の地位が高い時代は、当然正肉を口にするというハードルはあがります
そんな中、いわゆる内臓系の立ち位置は庶民の物だったというわけです
今では、内臓系いわゆるホルモンの立ち位置は上がり、貧富の差を表現するようなシーンを連想させにくくなりました
人気となった理由は、【味】はもちろんの事、その食材に対して如何に旨くしてやるか!というその時代に生きた料理をする人の熱い想いに他ならないでしょう
私は、内臓系の料理が大好きです
鮮度の良い物を仕入れるのは当然として
如何に下処理をするかだと考えています
手間暇かけて丁寧に丁寧に仕込みをすれば、驚くほど旨い料理になります
そんな伸び代しかないホルモンは、まさに料理人の腕の見せ所
写真は、ローマ風のトリッパです
重要視されるのは
ミントと、ペコリーノロマーノ
ペペロッソのトリッパは、できる限り茹でこぼす必要のないトリッパを仕入れています
できる限りといいますか、茹でこぼさなくてもいいほど臭みの無い物を仕入れています
ゆっくりゆっくり沸騰させずに80℃をキープして香味野菜と共に優しく長く火入れして仕上げました
かつては庶民の味であったトリッパ
長い年月をかけて不動の人気の地位を手に入れた魅惑の食材をお届けいたします
Per tradizione la trippa alla romana si mangia durante il pranzo del sabato, “sabato trippa”.
土曜日に食べにきて欲しい

人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ
クーポンページはコチラ

PC表示SP表示

お問い合わせ