うつわ謙心さんにて、安達 健さんにお会いしてまいりました


カラッとした唯一無二の存在感に惹かれました
カラッとしたという独特の表現は安達健さんからいただいた表現

年が近いこともあってとてもいい刺激に

器や、原土へのこだわり
器にあった料理の提案等楽しく話していただきました

料理人として、料理を表現するうえでとても重要な器

器選びはとても大事な事です

私は、イタリア郷土料理専門ですのでイタリアの食文化を器に盛り付けています

イタリアの食文化を支えるだけの器を選ばないといけませ

そんな中出会ったのが灰〆の作家さんである安達 健さん

並々ならぬ原土へのこだわり

何かを作るうえで、1番根っこの部分にこだわれる人が大好きです

小手先だけではない確固たるもの

うまく言えませんが、伝わってきました

今を生きる作家さんと、料理と器の共存で、現代のイタリア郷土料理を表現していきたいと思います

大事にしたいのは現存する作家さん

先人の知恵を生かし自国のこれからを支えたり、育んだりするのは今を生きる人なのだから

安達 健 (あだち たけし)

1983年 愛知県春日井市生まれ

2002年 武蔵野美術大学造形学部映像学科入学
同大学窯工研究会にて活動

2006年 同大学退学

2007年 愛知県瀬戸市に築窯

2008年 岐阜県本巣市に移転

2011年 瀬戸市にてフェア「ユノネホウボウ」立ち上げ

2013年 うつわ勉強会 立ち上げに参加

2016年 神奈川県横須賀市浦賀に移転

灰〆と呼ばれる器の作家さんです

灰〆とは灰を主成分とした釉薬を施したもの
釉が胎土に染み込んで、その表面を熔かし固めている珍しいタイプのやきもの

水分油分が非常に染み込みやすいため、汁物、油ものへの直の使用には要注意

においや、汚れじみが付着しやすく、毎度使用直前に水や湯に通すひと手間が必要です

使用後のつけ置きは禁止

たわしでこすってよく乾燥させてください

うつわとの末永いお付き合いのポイントです

安達 健 さん取り扱い説明書参照

安達 健さんと話した料理の盛り付けはペペロッソにてお楽しみください

#安達健
#灰〆
#器
#作家
#うつわ謙心
#現代
#三軒茶屋
#イタリアン
#レストラン
#ペペロッソ
#ランチ
#贅沢ランチ
#パスタランチ
#昼飲み
#ディナー
#パスタ
#手打ちパスタ
#クラフトビール
#ビール
#ワイン
#イタリアワイン
#イタリアンレストラン
#飯テロ
#梅雨
#春
#クッキングラム
#世田谷パーク
#一眼レフ
#EATMUNCHIES

ペペロッソホームページ
http://www.peperosso.co.jp/


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ
クーポンページはコチラ

PC表示SP表示

お問い合わせ